{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

絵本で広がる世界文学 猫と悪魔

1,600円から2,720円

送料についてはこちら

  • 絵本のみ通常版

    ¥1,600

    残り2点

  • 絵本+挿絵デザイン缶セット(追加送料300円込み)

    ¥2,720

  • 絵本+表紙デザイン缶セット(追加送料300円込み)

    ¥2,720

【商品概要】 作:ジェイムズ・ジョイス 画:米増由香 装丁・本文デザイン・DTP:伏見さつき 訳:のどまる堂 印刷:藤原印刷株式会社 製本:ダンクセキ株式会社 ​発行:のどまる堂 缶サイズ 幅124mm 長さ174mm 高さ45mm 【内容紹介】 ジェイムズ・ジョイスが4歳の孫に宛てた手紙を元に絵本化しました。日本では38 年ぶりに出版されます。 本書は二部構成となっており、第一部はイラストレーターの米増由香の挿絵で物語がつづられ、第二部は原文・訳文から読み解くジェイムズ・ジョイスの人となりや作風を解説していきます。 <あらすじ> フランスのボージョンシーという街には、街を二分するとても広い川が流れていて、街の人々は川を渡るのに大変苦労していました。橋をかけたいのですが、街には橋をかけるお金がありません。そんなとき悪魔が市長のもとへやってきて、りっぱな橋をかけるかわりに、最初に橋をわたる人のたましいをほしいと提案します。市長は承諾しますが…。 絵本で広がる世界文学をテーマに、世界文学の作家の短編を絵本化し、原文と訳文から見える作風や人となりを解説します。 【目次】 第一部 猫と悪魔 第二部 オーディオコメンタリー的解説 【著者プロフィール】 ジェイムズ・ジョイス (ジェイムズ ジョイス) (著/文)  20 世紀を代表するモダニズム文学作家。代表作に『ダブリナーズ』『ユリシーズ』『フィネガンズ・ウェイク』などがある 米増 由香 (ヨネマス ユカ) (イラスト) イラストレーター、絵本作家。 書籍装画、挿絵など幅広く活躍。 『ぼくのポーポがこいをした』 (村田沙耶香 作 岩崎書店)挿絵など 【元ツイート】 https://x.com/catsmeowbooks/status/1784022510654333373

セール中のアイテム