{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

増補改訂 猫の日本史 猫と日本人がつむいだ千年のものがたり

1,760円

送料についてはこちら

※画像中央の書籍です。 【商品概要】 桐野作人(著/文)吉門 裕(著/文) 発行:戎光祥出版 46 275ページ 定価 1,600円+税 【内容紹介】 天皇に寵愛された猫、宮中で誕生を祝われた猫、猫に転生した姫君、戒名をもらった猫、豊臣秀吉の愛猫失踪騒動、朝鮮出兵にお供した島津氏の猫、鼠捕りの奥義を極めた猫、江戸時代のメディアをジャックした猫。 源氏物語、戦国大名、山東京伝・滝沢馬琴、夏目漱石など猫と日本人の歩みを珠玉のエピソードでたどる。 旧版を大幅に改訂し、猫にかかわる名所や行事をまとめた付録や年表も充実。 【目次】 はじめに 2 第一章 猫、王朝時代に生きる 猫のあけぼの 10 1.猫、帝と見つめ合う――宇多天皇と父と黒猫 12 皇位継承は突然に/「朕の猫」/黒戸の皇子/「天満大自在天神」 2.帝、猫を贈る――花山天皇と、義母と猫 24 猫に溺れる男君/美しい義母/源氏物語がほのみえる 3.猫、宮中でお七夜を祝われる――藤原詮子という女 36 「内裏御猫」のお産/ひとりっ子の帝猫はかすがい/この猫はどこから来たのか 4.猫、位を賜る――春はあけぼの、猫はバットマンキャット 49 夫婦と猫が過ごす仮内裏/『枕草子』と『源氏物語』は響き合う/ 猫好きに理由はいらない 5.姫君、猫に転生する――菅原孝標女と大納言の猫 62 悲しい花嫁と寂しい少女/夜をこめて猫の鳴き声が聞こえてきた/ 更級日記というフィクション 6.猫、夢に現る――藤原定家と妻と姉と猫 74 波乱万丈の兄弟姉妹/「春」を継いだ女主人/猫を詠む家系/そして猫は残された 第二章 猫の自由と受難 戦国の猫、悲喜こもごも 92 1.猫の行方を案じて般若心経――猫公家・西洞院時慶 94 後陽成天皇より拝領した唐猫/猫をめぐる法令の布告/ 頻繁に行方不明となる猫/借りた猫で鼠退治 2.戒名をつけられた猫――英俊『多聞院日記』の世界 105 戦国・織豊期の一級史料/なぜか夢に出てこない犬猫/「狛=猫」の可能性/ 愛猫の戒名は「妙雲禅尼」/迫害される奈良の猫/猫と鷹の逆転――松江藩の猫犬たち 3.身代わりの虎毛の猫――太閤秀吉の愛猫失踪騒動 120 秀吉、虎の肉を食す/豪姫の狐憑き/浅野長吉、苦肉の一計/騒動の顛末は? 4.朝鮮出兵にお供した猫――島津氏と「猫神」の由緒 130 島津氏別邸にある祠/「猫神」在所の変遷/「ヤス」の殉死/ 親指武蔵・新納忠元の落書/猫を熱望する近衛前久 5.南蛮渡来の虎の子とジャコウ――大友宗麟への贈り物 147 島津家久が目撃した唐舟の積み荷/「麝香」はジャコウネコか? 第三章 猫、太平の世を生きる 一筆啓上、猫喰わせ 156 1.猫、もてはやされる 158 鼠、逃げ回る/猫、高騰する/猫、奥義を垂れる/「逸物」がいるかげに 2.馬琴と猫と、息子の嫁――赤雑毛男猫・仁助 176 黒猫「野驢」/コミュ障の馬琴/ふうらいねこ、到来/赤雑毛猫の受難 3.団十郎、猫になる――山東京山・歌川国芳コンビの猫の草紙 190 又たび屋おこまは初代紫若/猫がメディアをジャックする/ 広重も乗った/天保の改革を猫で切り抜ける/馬琴よ、おまえもか/猫を愛せし友よ 4.猫、秘蔵される――江戸の飼い猫ライフ 207 新年から春へ――猫の恋/猫の出産/猫の風呂/季節を共に/猫の食/猫の寝床/ 猫のトイレ/猫のキャリーケース/猫のトラブル/猫の医療/猫と暮らす 5.猫、坊ちゃんになる――ふたりの女傑と愛猫たち 228 大奥の「サト姫」/猫絵の明治維新/猫をめぐる豪華な顔ぶれ/ 河竹の「太郎猫」/本所の「坊ちゃん」 コラム 第一章 ①猫、刀に迷惑する 21 ②猫、絵巻に現る 32 ③猫、埋葬される 45 ④しろがねの猫、妖鼠と闘う 58 ⑤猫、海を渡る 70 ⑥業平、猫になる 86 第二章 ①猫の本能から三年間の合戦に 103 ②豪徳寺の招き猫 117 ③今戸神社の招き猫 128 ④戦国大名たちの余生と猫たち 142 ⑤日常の猫、非日常の虎 152 第三章 ①猫と、麝香猫 ②猫、六義園に出没する ③殿様、猫を描く――プレミアムのついた新田猫 ④猫、涅槃図に現る ⑤そして、黒猫が来た あとがき――坂本龍馬の絶命を目撃した猫の親子 244 付録 猫追い歴史旅 248/【付録】全国猫名所めぐり 253 関連年表 261/参考文献 264 【元ツイート】 https://x.com/catsmeowbooks/status/1750318949051555895

セール中のアイテム