{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

猫奥(1~7巻)

704円から759円

送料についてはこちら

  • 第1巻

    ¥704

  • 第2巻

    ¥715

  • 第3巻

    ¥715

  • 第4巻

    ¥715

  • 第5巻

    ¥715

  • 第6巻

    ¥715

  • 第7巻

    ¥759

※5冊以上ご購入の際は追加の送料をお願いする場合がございますので、どうかご了承ください。 【商品概要】 山村 東(著/文) 発行:講談社 B6判 128ページ 【第1巻内容紹介】 江戸時代。大奥に仕える女性たちの多くは、生涯独身であった。 そんな彼女たちが、持てあました時間と愛情を注いだ対象、それは――にゃんと、猫だった!? ここは女の嫉妬うずまかない大奥! 猫嫌いキャラが定着し、猫が好きだと言い出せない滝山が、密かに上司の飼い猫・吉野ちゃんを愛でたり愛でれなかったり! 大奥に暮らす女と猫の日常を描くゆるモフショートコメディ、開幕! 【第2巻内容紹介】 ここは猫飼いと猫だらけの大奥。 猫を飼っていない滝山は、皆から猫嫌いだと思われているけど、本当は猫が大好き! 特に好きなのは上司の飼い猫・吉野ちゃん! もっと吉野ちゃんを可愛がりたい…。 悶々とする滝山に今日も試練が訪れる! 1巻発売即重版! 話題のゆるモフ大奥ショートコメディ! 巻末には著者連載デビュー前の読み切り『こまとちび』も収録! 【第3巻内容紹介】 周りからは猫嫌いと思われながらも、密かに猫を愛で、猫好きであることを唯一知る照代との猫トークに花を咲かせ、身分を偽って吉野ちゃんのお世話係・美登と文通を交わす。 飼ってないけど猫まみれな滝山のもふもふ大奥ライフ第3巻! 【第4巻内容紹介】 江戸城外も猫だらけ! 仕事でお参りに行った寛永寺で滝山、運命の猫と遭遇!? 弟・孫右衛門はとある場所で妻に隠れて猫三昧。 そして今日も今日とて猫と猫好きがたわむれる大奥に女中見習いとして猫嫌いの少女・としがやって来る! 【第5巻内容紹介】 猫の目線になってみたり、猫のごっこ遊びをしてみたり。 猫嫌いを克服しようとするとしを滝山も全力サポート! そして公家の娘・精姫(あきひめ)が将軍の養女として大奥へ。 京で飼っていた猫と吉野ちゃんがそっくりだったことから騒動が巻き起こる! 【第6巻内容紹介】 精姫が飼いはじめた紫と萩浦が飼いはじめたもも。 二匹の子猫たちにより今まで見たことのない猫風景が次々と現れ、滝山は大興奮! しかし萩浦のぜいたく好みや、としと美登が仲よくなったことによる思わぬ弊害など滝山の悩みはつきません! 大学教授・滝山の受難を描く『猫奥2022』を巻末に特別収録! 【第7巻内容紹介】 大奥ではみんな猫を飼ってる。江戸の市中でもみんな猫を飼ってる。天保の改革で倹約令が叫ばれるなか、大奥のかじ取りをがんばっている滝山だけ、いまだに猫を飼えない。ちなみに弟の孫右衛門は、家に猫がいるがなついてもらえない。激動の大奥で大小さまざまな事件に立ち向かいながら、滝山は上司の飼い猫、吉野ちゃんをスキあらばかわいがろうと今日も奮闘する。この一方的な熱愛が報われる日は来るのか。ところで勝さん家のニート息子、麟太郎くんもちらっと登場。――って、あの超有名人のこと?天保大奥猫溺愛コメディ、絶好調! 【著者プロフィール】 山村 東 (ヤマムラ ハル) (著/文) 2018年『フク』で第6回THE GATE大賞を受賞。その後、「モーニング」に読み切り『こまとちび』『おのぼり侍』を掲載。2020年1月より『猫奥』の連載をスタート。江戸と猫をこよなく愛する。 【元ツイート】 https://x.com/CatsMeowBooks/status/1334689189862895616 https://x.com/CatsMeowBooks/status/1437250483475804168 https://x.com/CatsMeowBooks/status/1555389522657280000 https://x.com/CatsMeowBooks/status/1717707253548212458

セール中のアイテム