{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

【送料無料】黒猫になった教授

残り2点

3,740円

送料についてはこちら

【商品概要】 A・B・コックス(著/文)森沢くみ子(翻訳) 発行:論創社 4-6 縦194mm 横135mm 厚さ23mm 336ページ 上製 価格 3,400円+税 【内容紹介】 急死した生物学者リッジリー教授の脳が雌の黒猫へ移植された! 生前の自説を証明するかのように教授は人間時代の記憶を持った黒猫として蘇るが、この稀有な実験によって次々と珍騒動が持ち上がる……。A・B・コックス一流のドタバタ喜劇、ここに開幕! 【目次】 黒猫になった教授 訳者あとがき 解説 真田啓介 【著者プロフィール】 A・B・コックス (エー ビー コックス) (著/文) アントニイ・バークリーの別名義。1893年、英国ハートフォードシャー州ワトフォード生まれ。オックスフォード大学卒業後、従軍して陸軍大尉となる。除隊後は雑誌『パンチ』の寄稿者としてユーモア小説を発表していたが、1925年に〈?〉名義で『レイトン・コートの謎』を刊行して以降はミステリの執筆に力を入れ、「絹靴下殺人事件」(28)や「毒入りチョコレート事件」(29)など、複数の名前を使い分けながらハイペースで長編作品を発表。フランシス・アイルズ名義の「殺意」(31)と「レディに捧げる殺人物語」(32)は映像もされている。推理作家の親睦団体〈ディテクションクラブ〉設立にも携わり、同会の名誉首席会員となった。1971年死去。 森沢くみ子 (モリサワ クミコ) (翻訳) 英米文学翻訳家。翻訳書に『ムーンズエンド荘の殺人』(東京創元社)、『エドウィン・ドルードのエピローグ』(原書房)、『魔女を焼き殺せ!』(書苑新社)、『世界で最も危険な男』(共訳、小学館)、『はらぺこ犬の秘密』(論創社)など。 【元ツイート】 https://x.com/catsmeowbooks/status/1712990250744909933

セール中のアイテム