{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

ぼっち死の館

1,280円

送料についてはこちら

【商品概要】 齋藤 なずな(著/文) 発行:小学館 A5判 224ページ 定価 1,164円+税 【内容紹介】 老いを生き、描く76歳作家の「純」漫画! 舞台は高度経済成長期に建てられた団地。現在そこにはひとり身の老人たちがいつか訪れる孤独死、「ぼっち死」を待ちながら猫たちと暮らしている。 そんな彼女らが明日迎える現実は、どんな物語なのかーーー 自らも団地に暮らす76歳の著者が描く、私たち全員の未来にして、圧倒的現在。 『夕暮れへ』にて日本漫画家協会賞優秀賞、文化庁メディア芸術祭マンガ部門収集賞を受賞した齋藤なずな、渾身の最新作。 【目次】 第0話 ぼっち死の館 005 第1話 永遠のリア充 053 第2話 煩悩と仙人 081 第3話 牛の行く 113 第4話 その猫が救われた理由 149 最終話 蝶が飛んだ日 183 後日談 217 【元ツイート】 https://twitter.com/CatsMeowBooks/status/1621349858379722752

セール中のアイテム