{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと

残り1点

880円

送料についてはこちら

【商品概要】 瀧森 古都(著/文) 発行:大和書房 文庫判 縦150mm 横105mm 厚さ14mm 重さ 185g 288ページ 定価 800円+税 【内容紹介】 とある町の小さなパチンコ店に勤める二十九歳の五郎は、お世辞にも「成功」とは言えない人生を送っている。 また、常連客の宏夢も、なんとなく金を稼ぎ、なんとなく成功を目指しながら「なんでも屋」をしている。 そんな五郎と宏夢のいるパチンコ店に、ある一冊のノートが置かれるようになった。 それは、動物好きの常連客・弓子が作った「里親探しノート」である。 拾われた犬猫の飼い主を見つけることが目的のノートなのだが、 ある日、そのノートに奇妙なことが書かれるのを五郎が見つけた。 「ネコは、ごはんを何日食べなければ死にますか?」 この書き込みによって、五郎と宏夢はある事件に巻き込まれると共に、 自分たちは「何のために生きているのか」という問題と向き合うことになる。 その後も、ノートに書かれた不思議な内容により、二人は答えのない問題を一つ一つ解決し、成長していくのだが……。 お金では買えない本当に大切なものを描いた、第一話「鳴かない猫」 血縁よりも深い絆を描いた、第二話「絆のかけら」 悲しみのその先にある再出発を描いた、第三話「透明のスタートライン」 受け入れざるを得ない運命を描いた、第四話「奇跡の赤い糸」 一冊の「里親探しノート」を介して、様々なドラマが繰り広げられていく全四話の物語集。 【元ツイート】 https://twitter.com/CatsMeowBooks/status/1482524939278516228

セール中のアイテム